So-net無料ブログ作成

川内原発「臨界」に達する!ってか臨界って?川内の読み方は? [気になるニュース]

九州電力が川内原発を再稼働させたそうです。

原発再稼働反対派が騒がしくなりそうなニュースですね。

と・こ・ろ・で

川内は「せんだい」と読みます。
知ってました?
え?馬鹿にするなって?
すみません。私知らなかったんです(爆)

ニュースで「せんだいげんぱつ」「せんだいげんぱつ」って言ってるの聞いて
「へぇ~仙台市に原発あったんだ~」と思ってました。
鹿児島だし。
ほんと恥かきました(;´・ω・)

そんな川内原発が再稼働し、臨界に達したそうです。
というか臨界に達したことで再稼働となったそうです。
はて(;´・ω・)
臨界って何?ってあなた!
調べましたよ
今更聞けないシリーズ!
これであなたも原発を知る!

「臨界」とは原子炉などで原子核分裂の連鎖反応が一定の割合で継続している状態のことをいう
(Wikipediaより)

ということで、つまりのところ、核反応によって一定の熱が放出し続けていることらしいです。
つまり稼働している状態ですね。

とにかく電気がなきゃ何の活動もできませんので原発再稼働は致し方なしかもしれませんが
再稼働で代替エネルギーの研究が遅延するのは困ります。
危なっかしい原発なんかより代替エネルギーの研究をとことん進めていってほしいと個人的には思いますです。
はい。




ニュース全般 ブログランキングへ


日記・雑談 ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。